20代の資産運用迷走日記

米国株・FX自動売買・投資信託・IPO・CFD・仮想通貨

【IPO】当選回数26回、累計利益230万円突破。ブログで投資結果を公開する。

f:id:wacochan:20190324102253p:plain

※2019年3月30日更新

2013年の終わり頃からIPOへの投資を始めました。

試しに投資結果をまとめてみると、なんと利益が230万円を超えていました。

自分でもこんなに利益が出ているとは思ってもいませんでした。

IPO投資は資金が少なくても簡単に始められるし、リスクも少ないので初心者におすすめの投資方法です。

今回はIPO結果をまとめています。

いつも「20代の資産運用迷走日記」をご覧頂きありがとうございます。

 

 

2014年IPO投資結果

当時、投資資金は100万円にも満たなかったと思います。

2014年は3銘柄に当選しました。インベスコオフィスは複数当選。

銘柄名 利益
インベスコオフィスリート     5,900
インベスコオフィスリート     5,900
ホットランド    -3,600
サイジニア  322,000

2014年IPO投資結果:330,200円

サイジニアで30万円超えの利益を手にし、僕は一気にIPO投資に魅了されました。 

2015年IPO投資結果

2015年は6銘柄に当選しました。Aiming、サムティレジ、ブランジスタは複数当選。

銘柄名 利益
ヘルスメディカルJリート    60,000
Aiming    11,200
Aiming    11,200
サムティレジJリート    -5,900
サムティレジJリート    -5,900
サムティレジJリート    -5,900
スマートバリュー  545,000
ブランジスタ    19,700
ブランジスタ    19,700
ラクス  247,000

2015年IPO投資結果:896,100円 

2015年はなんといってもスマートバリューですね。50万超えですからね。

2016年IPO投資結果

2016年は4銘柄に当選しました。アイモバイルは複数当選。

銘柄名 利益
はてな  222,500
シルバーエッグ  172,200
JR九州    50,000
アイモバイル    -9,000
アイモバイル    -9,000

2016年IPO投資結果:426,700円 

2016年のIPO第一弾のはてなに当選しました。しかしその後はいまいちでした。

2017年IPO投資結果

2017年は4銘柄に当選しました。

銘柄名 利益
ユナイテッド&コレクティブ  288,000
ソウルドアウト    91,300
シェアリングテクノロジー  139,000
ロードスターキャピタル    68,100

2017年IPO投資結果:586,400円  

3ヶ月に一回くらいコンスタントに当選していました。

2018年IPO投資結果

2018年は4銘柄に当選しました。

銘柄名 利益
アイペット  165,000
Edulab     7,000
自律制御システム  -57,000
ソフトバンク    -3,700

2018年IPO投資結果:111,300円

2018年はメルカリに当選しなかったのが悔やまれます。たしか1枚20万円の利益でしたよね。

IPOに参加する人が増えたためか、全然当選しなくなってきました。やっと当選したと思った自律制御システムが-57,000円で大損してしまいました。ここまでマイナスになることはなかなかありません。非常に不運でした。

2019年IPO投資結果

銘柄名 利益
NATTY SWANKY    66,000

やっと1銘柄当選しました。NATTY SWANKYは3/28に上場し、66,000円の利益となりました。

証券会社別当選回数

証券会社 当選回数 コメント
大和証券 10回 開設必須!当選しやすい。
SMBC日興証券 8回 開設必須!当選しやすい。
SBI証券 3回 IPOチャレンジポイントあり。
みずほ証券 3回 主幹事多い。
野村證券 2回 主幹事多いが当選しない。
三菱UFJモルガン・スタンレー 1回 大型IPOで主幹事に。
マネックス証券 0回 100%平等抽選。
松井証券 0回 100%平等抽選。
エイチエス証券 0回 100%平等抽選。
東海東京証券 0回 年に数回主幹事あり。

大和証券、SMBC日興証券が断トツの当選回数ですね。

IPO投資をするためには沢山の証券口座を開設する必要がありますが、まずはこの2証券の口座の開設が必須だと思います。

みずほ証券も主幹事での取り扱い数が多いので、口座開設した方が良いでしょう。時々当選します。

また、SBI証券は独自のIPOチャレンジポイント制度を採用しています。この制度を利用すればS級銘柄に当選する可能性が高いです。

楽天証券も穴場証券です。楽天証券はこれまでIPOの取り扱い数が少なかったのですが、今後増加するようです。

すぐにIPOをはじめよう

IPO投資結果をまとめました。IPO投資のコツはただひたすら応募して当選するのを祈るのみです。

僕も全く資金がありませんが、コツコツ応募し続けて利益を積み重ねることができました。

ただ貯金して寝かせているお金があるならば、すぐにIPO投資に資金をつぎ込みましょう!そうすれば、いつか当選して利益を得ることができます!

【SBI証券でIPO投資を始める】