20代の資産運用迷走日記

米国株・FX自動売買・投資信託・IPO・CFD・仮想通貨

【アドバイス求む】定年間近から始める資産運用を考える

f:id:wacochan:20190309204239j:plain


今日は父の資産運用について考えます。

先日家族でコストコへ向かう車中にこのようなやり取りが。

 

あと2年で定年か

そうよ、しっかり働きなさいね

でもあと1年くらいで早期退職しようかな

バカ言ってんじゃないよ!65歳まで年金貰えないんだからどうするつもり!?

・・・

退職金で株や債券買えば良いんじゃない? 配当金貰えるよ

いくらくらい貰えるの?

3%くらいかね。2,000万円なら年間60万円かね

ファッ!? それならお小遣いあげるので運用してもらおうかね

というようなやり取りで、資産運用を考えることに。

僕も正直心配だったので、父母が資産運用に興味を示してくれたことは素直に嬉しいです。実際、固定資産税などもかなり払わないといけないみたいですし。

母よ、安心してくれ。必ず資産運用で楽させてあげるからな。

定年間近からの資産運用を考える

ということで、定年間近からの資産運用を考えたいと思います。

父について

父の現状は以下のとおりです。

・58歳(あと2年で定年退職)
・年収900〜1,000万円程度
・定年退職後、再就職するか未定
・年金は65歳から受給予定
・退職金は不明(2,000〜3,000万円程度?)

 

解決したい課題と目標について

定年退職後に再就職しない場合は65歳まで無収入です。つまり退職金と貯金を切り崩すしながら5年間生活することになります。

収入がない生活はきっと不安に感じるでしょう(特に母は)。よって、この不安を少しでも取り除くことを最大の目標とします。

 

では、どういった資産運用を目指すべきでしょうか。

それは、安定した配当を得つつも、リスクを抑えた運用が求められると思います。

年齢的にもリスクを取ることはできません。大切な退職金ですしね。

となると、債券を中心にした運用が考えられます。

目指すべきアセットアロケーション

目指すべきアセットアロケーションは債券に重きを置いたものになります。

感覚的には株式:債券=3:7くらいのイメージでしょうか。 

国内・海外で分けると

・国内株式:1
・海外株式:2
・国内債券:1
・海外債券:5

くらいのイメージですかね。

どういった銘柄を買うべきか

購入対象はETFのみに絞りたいです。個別銘柄はリスクが高まりますよね。

海外債券ETF

・AGG(iシェアーズ・コア 米国総合債券ETF):配当利回り 2.98%
・BND(バンガード 米国トータル債券市場ETF):配当利回り 2.75%

海外債券はやはりAGGやBNDでしょうか。米国の利上げも一服したこともあり、利上げによる取引値の下落リスクは更に低くなっているように思われます。

国内債券ETF

国内債券のETFは現状一択ですかね。

・2510:NEXTFUNDS 国内債券・NOMURA-BPI総合連動型上場投信

ただ、あまり魅力的に感じません。国内債券分は株式or海外債券に振り分けようかな。

海外株式ETF

海外株式ETFは米国高配当株式ETFに投資したいです。

・VYM:バンガード・米国高配当株式ETF:配当利回り 3.50%
・HDV:iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF:配当利回り 3.25%

高配当ETFの名前のとおり、配当利回り3%超えです!

国内株式ETF

国内株式ETFも高配当ETF中心に投資できれば良いなと考えています。

・1478:iシェアーズ MSCI ジャパン高配当利回り ETF:配当利回り 3.19%

ただ、国内株は簡単に減配する危険もあるので、積極的に投資したいとは思いません。

やっぱり米国株が最高ですよね。

いつどのように投資していけば良いか

いつどのように投資すれば良いか考えるのも重要ですよね。

僕は両親に、定年までの2年間は毎月10万円ずつ、ボーナスで30万円を投資することを提案しようと思っています。

4月:AGGに10万円
5月:BNDに10万円
6月:VYM、HDV、1478、AGGに10万円ずつ

このように投資すれば、退職までの2年間で計360万円を積み立てることができ、2年後には年間約10万円の配当金を得ることができるようになります。

また、退職金を運用する前に、投資に慣れることができますしね。

 

退職金の運用はまたじっくり考えます。生活がかかっていますからね。一気に投資するようなバカなことは絶対にしません。

 

きっと2年なんてあっという間に過ぎ去るでしょうね。 2年後にあたふたしないように、しっかり準備したいと思います。

 

退職までの運用方法、退職金の運用方法について、アドバイス頂けたら嬉しいです。