20代の資産運用迷走日記

米国株・FX自動売買・投資信託・IPO・CFD・仮想通貨

楽天スーパーSALEの時にふるさと納税したら勝ち確定じゃね?

ふるさと納税はどのサイトから行なっていますか?

主要なところだと、「ふるさとチョイス」や「さとふる」、そして「楽天市場」があります。

 

今日は楽天スーパーSALEのときにふるさと納税を行えば、実質自己負担0円にすることができるかもしれません。

「今更かよ」って言われるかもしれませんが、僕は知らなかったので紹介させてください。

これまで「ふるさとチョイス」を利用していましが、今回から楽天派になろうかな。

 

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは、総務省HPから引用すると

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。

 つまり、自己負担2,000円で寄付先の自治体から様々な返礼品を受け取ることができる制度です。

実質自己負担を0円に?

ではどうやって自己負担2,000円かかるところをどうやって実質0円にするのでしょうか。

それは簡単なことで、楽天ポイントを2,000円分以上貯めてしまおうってことです。

2,000円以上ポイントで買い物ができれば儲けもんですね。

ショップ買いまわりキャンペーン

f:id:wacochan:20190308144046p:plain

ショップ買いまわりキャンペーンとは、1,000円以上購入したショップの数がそのままポイント倍率に付加されるキャンペーンです。

例えば総額30,000円分のふるさと納税を行うとした場合、次の寄付パターンでのそれぞれの楽天ポイントはいくらになるでしょうか。

①一つの自治体に30,000円寄付

元々付与されるポイント1%とショップ買い回りキャンペーンで付与されるポイント1%を足して、合計2%です。

つまり、30,000円 × 2% = 600ポイント

②三つの自治体にそれぞれ10,000円ずつ寄付

元々付与されるポイント1%とショップ買い回りキャンペーンで付与されるポイント3%を足して、合計4%です。

つまり、30,000円 × 4% = 1,200ポイント

 

ふるさと納税は5,000円から寄付できるものもあるので、より多くの自治体に寄付することがポイントを貯めるコツですね。

さらにポイントを貯めるには

さらにポイントを貯める方法も簡単です。楽天カードを使えば良いだけです。

楽天カードを利用してふるさと納税を行えば、さらに3%のポイントが付与されます。

つまり先ほどの②三つの自治体にそれぞれ10,000円ずつ寄付の場合は4% + 3% =7%、2,100円分の楽天ポイントを貯めることができます。

もう勝ち確定じゃん!

 

 あとは良い返礼品を探すだけ。