20代の資産運用迷走日記

米国株・FX自動売買・投資信託・IPO・CFD・仮想通貨

【株価指数CFD】くりっく株365を利用したFTSE100投資で「配当金+売却益」を狙うよ!

f:id:wacochan:20180831200312j:plain

こんにちは!

今回はくりっく株365を利用した配当金+売却益を狙った投資方法について紹介します。

僕はすでにくりっく株365を利用してイギリスの大型株から構成される株価指数FTSE100に投資をしていますが、今回はその改訂版のようなものです。

 

くりっく株365とは

くりっく株365とは、東京証券取引所に上場する株価指数証拠金取引の愛称で、日経225、NYダウ、DAX(ドイツ)、FTSE100(イギリス)の4指数が投資対象です。

くりっく株365のメリット・特徴として、以下のものが挙げられます。

  • 配当金が受け取れること
  • 最大30倍のレバレッジを効かせることができること
  • 決済期限がないこと
  • 円建てでの取引であること

個人的には、特にレバレッジを効かせることができる上に配当金を受け取れることが大きなメリットだと考えています。

これらのメリットを活かした投資計画が↓の記事です。

この配当金狙いの投資に最も向いているのがイギリスのFTSE100です。FTSE100は1枚購入すると年間で25,000円の配当を受け取れます。

1枚あたりの価格が約75万円ですが、レバレッジを効かせて購入することができるので、計画では実際に用意している資金は1枚あたり20万円です(レバレッジ3.5倍)。

1枚あたり20万円の証拠金を用意していれば、リーマンショック級の暴落が起きたとしても、強制ロスカットされる可能性はほとんどないと思います。

20万円の資金で年間25,000円の配当金なので、年率10%を超えますね。この積立計画は個人的にオススメの投資方法です。積立なので簡単ですしね。

投資方法【改定版】について

今回の投資方法でも、くりっく株365を利用してFTSE100に投資します。

FTSE100の日足チャートを見てください。

f:id:wacochan:20180831192721p:plain

2018年の5月以降、7,500円〜7,900円(オレンジのラインの間で値動きしていることが分かります。

このレンジ相場を見たときに、トライオートFXの自動売買の経験が活かせるんじゃないかと考えました!

実際には手動で注文を出すので、半自動売買ですね。

まず、7,500円から一定間隔毎に買い注文を出します(僕は50円毎に注文しました)。そして、買い注文が成立したらすぐに、50円高い価格で売り注文を出します。

こんな感じですね。

  • 買い:7,500円 → 売り:7,550円
  • 買い:7,550円 → 売り:7,600円
  • 買い:7,600円 → 売り:7,650円
  • 買い:7,650円 → 売り:7,700円
  • 買い:7,700円 → 売り:7,750円
  • 買い:7,750円 → 売り:7,800円

例えば、7,750円で1枚購入し7,800円で売却できれば、1枚あたり5,000円の利益になりますね。

7,800円で売ることができたらすぐにまた、7,750円で買い注文を出します。こうすることで常に価格の上下によって利益を出すことができる状態になります。

もし、仮に価格が下落の一途を辿り、7,500円を下回る場合は、辛抱強く価格が戻るのを待ちます。

ずっと保有していれば、1枚あたり年間25,000円の配当金を受け取ることができるので。

ちなみに、月足チャートで見ると、

f:id:wacochan:20180830153934p:plain

基本的に上昇傾向にありますね。FTSE100は英国を代表する世界的企業で構成される指数なので、トルコリラみたいに10年間右肩下がりなんてことは、僕はありえないと思います。

どのタイミングで購入しても、5,000円の利益確定をするタイミングは訪れています。仮に売ることができなかったとしても、もともと長期で保有する計画なので、なんの問題もありません。その時は大人しく配当金を受け取り続けましょう。

配当金の減配や金利の上昇などは、受け取れる配当額に影響するので注意する必要がありますが。

なお、買いすぎには注意しましょう。あくまでも1枚あたり20万円の資金は必要です。

もし資金が少ない場合は注文間隔を100円毎などに広げるのがオススメです。

 

この方法でうまいこと利益が出たらいいな。では!

 【マネックス証券でFTSE100に投資する】