20代の資産運用迷走日記

米国株・FX自動売買・投資信託・IPO・CFD・仮想通貨

トライオートFXの新ロジック「コアレンジャー」の解説!これは儲かりそうな予感しかしない。

f:id:wacochan:20180730095627p:plain

こんちは!

トライオートFXの自動売買がパワーアップしたので、さっそく運用を開始しました!

これまでトライオートETFにしかなかった「自動売買セレクト」がついにトライオートFXにも登場しました。「自動売買セレクト」は自動売買のロジックを商品リストから選択するだけで運用できるので、初心者でも簡単に取り扱えるように。

今回は、新ロジック「コアレンジャー」の解説と、僕が運用を開始した通貨の紹介です。

 

コアレンジャーとは

FXの自動売買は基本的にレンジ(値幅)を予想し、売買を行います。

f:id:wacochan:20180730130944p:plain

米ドル/円の過去5年チャートです。1ドル=95円から125円の間を上下しながら推移しているのが分かります。

「なら今後も95円から125円の間を推移しそうだな」と予想して自動売買設定を行います。

通常の自動売買設定は95円から一定間隔毎に同一の注文を並べます(95円で買ったものを96円で売る、96円で買ったものを97円で売る…)。

でも、この相場を見れば1ドル100円以下になることはほとんどありませんね。また、120円以上になったのも2015年の1年間だけですね。

それならば、95円から100円と120円から125円にいくら注文を並べても、ほとんど約定せず、効率が悪いことが分かります。買付余力も限られていますしね。

 

反対に、110円付近(105円から115円)は何度も行き来しているように見えませんか?

f:id:wacochan:20180730133051p:plain

この105円から115円が今回の新ロジック「コアレンジャー」の考えかたで大切な部分です。

どんなに円安円高になろうとも、結局1ドル110円に戻ってきています。

110円付近にたくさん注文を並べることで、より効率的に利益を伸ばせるような気がしませんか?「110円で買って111円で売る」なら何度も繰り返し約定しそうですね。 

↓の画像を確認してください。コアレンジャーの売買ロジックです。

f:id:wacochan:20180730095458g:plain

レンジ帯をコアレンジ帯とサブレンジ帯の2つにわけ、コアレンジ帯では細かく売買するように設定、サブレンジ帯はコアレンジから外れたときに値戻りを期待して大きく利益を取ることを目的として設定されています。

トライオートFXの公式ホームページより

 

つまり、結局1ドル110円に戻ってきてしまうFXの特性を活かし、コアレンジ帯(110円付近)では細かく多数の売買成立をするようにし、サブレンジ帯(100円以下、120円以上)では少数で大きく利益を取るように設定します。

コアレンジ帯(注文間隔:狭、利益幅:狭、注文数:多)

  • 買:110   円→売:111円
  • 買:109.5円→売:110.5円
  • 買:109   円→売:110円

サブレンジ帯(注文間隔:広、利益幅:広、注文数:少)

  • 買:100円→売:110円
  • 買: 95円→売:105円
  • 買: 90円→売:100円

このように設定することで、より効率的に利益を伸ばすことができそうですね。これがコアレンジャーのロジックです。

運用開始通貨の紹介

f:id:wacochan:20180730095640p:plain

最初に紹介したトライオートFXの「自動売買セレクト」のリスト一覧(上位4通貨ペア)です。なにやら一個だけリターンが飛び抜けているのが目につきますね。

そうなんです。僕が運用を開始した通貨ペアは豪ドル/NZドルです。というか現状1択ですかね。

 

コアレンジャー豪ドル/NZドル

・月足チャート

f:id:wacochan:20180730152727p:plain

豪ドル/NZドルは狭いレンジのなかを上下してくれるので、今回のコアレンジャーに最適の通貨ペアなんです。

 

ここから実際に売買設定をしてみました。僕の場合は資金30万円で始めるので、推奨証拠金が30万円以下の数量2,000で設定です。 

過去リターンのシミュレーションです。

f:id:wacochan:20180730095651p:plain

2017年1月から現在までのリターン率は63.89%

2016年1月から現在までのリターン率は141.77%

2015年1月から現在までのリターン率は247.16%

2014年1月から現在までのリターン率は311.31%

こうやって素晴らしいリターンを生み出してくれるのも狭いレンジを上下してくれるからですね。

 

実際に売買設定をした後にコアレンジ帯とサブレンジ帯を確認してみました。

f:id:wacochan:20180730103048p:plain

画像のオレンジ部分がコアレンジ帯です。画像右端の黄色▲が注文なのですが、コアレンジ帯の注文が密集しているのが分かります。 コアレンジ帯では細かく注文し、多数の利益を重ねます。

現在、コアレンジ帯にいるので今週からすぐに利益確定をしてくれそうですね。 

これから楽しみです。 

【トライオートFXを始める】

 

コアレンジャーの実績について

コアレンジャーAUD/NZDの最新の実績についてはこちらで紹介しています。