20代の資産運用迷走日記

米国株・FX自動売買・投資信託・IPO・CFD・仮想通貨

トライオートFXの自動売買設定について

f:id:wacochan:20180512104158j:plain

4月末から始めたFXの自動売買トライオートFX が5月2週目にして早くも好調です。

 

もともと、FXに対しては生きるか死ぬかの博打に近いようなイメージを持っていたので、正直、FXの自動売買にも半信半疑なところがあったのですが、こうして実際に利益確定されて安心できました。

 

今日はトライオートFX の自動売買設定を紹介します。参考にしてもらえれば。

トライオートFXについて

自動売買設定の考え方

まずは自動売買設定の基本的な考え方について簡単に紹介します。

レンジの取り方とリスクリターンの関係

通常のFXが価格の上下を予想するのに対し、FXの自動売買ではレンジ(価格帯)を予想します。

一般的にレンジの想定とリスクリターンには下の画像のような関係があります。

f:id:wacochan:20180807054803p:plain

想定レンジを広くすれば、低リスク低リターンに。想定レンジを狭くすれば、高リスク高リターンになると考えれらます。

自動売買では、想定したレンジの中に注文を並べます。資金額が同じ場合、注文本数は等しくなるので、想定レンジが狭ければ注文間隔をそれだけ狭めることができ、結果として、同じ値動きでも利益確定本数が増加するためです。

ただし、想定レンジを一度外れてしまうと、利確することができずに想定レンジ内に戻ってくるまでひたすら含み損に耐えることになります。

個人的に長期投資では、できるだけ想定レンジを広げるほうが良いと思います。

 

レンジ相場を活かした仕掛け

FXは一般的にレンジ相場であり、一定の変動幅のなかで価格の上下が繰り返されることが多いです。

例として、EUR/USD週足チャートを見てください。

f:id:wacochan:20180810141453p:plain

過去2年間では1.05〜1.25の変動幅で価格が推移していることが分かります。

この場合に、中央値1.15より上の価格帯(1.15〜1.25)では売り注文(ショートポジション)で仕掛け、中央値1.15より下の価格帯(1.15〜1.05)では買い注文(ロングポジション)で仕掛けることで、効率的に利益確定をすることができます。

この仕掛け方のことをハーフ&ハーフと言い、FXの自動売買設定でぜひ取り入れたい注文方法です。

 

では、実際の設定について紹介します。 

運用通貨は3種類

僕が現在運用している通貨はAUD/USDNZD/USDの2種類です。また、2種類の通貨用に入金している元本は計60万円です。

また、元本の内訳としてはAUD/USDに30万円、NZD/USDに30万円としています。

追記:7/30より運用元本30万円でコアレンジャーAUD/NZDの運用を追加しました。 

AUD/USDについて

自動売買設定

トライオートFX のマイページ自動売買専用パネル複数作成(追尾・カスタム)から設定を行います。

 

買い注文と売り注文に分けて設定します。なお、買い注文は2回に分けて設定します。

買い注文①

f:id:wacochan:20180512100541p:plain
f:id:wacochan:20180512100552p:plain

上の画像のように設定を行い、リストに追加を選択し、買い注文②へ

買い注文②

f:id:wacochan:20180512100603p:plain
f:id:wacochan:20180512100610p:plain

買い注文②の設定を終えれば、リストに追加を選択し、リストを確定すれば自動売買スタートです。

同じように売り注文も設定します。

 

売り注文 

f:id:wacochan:20180512100645p:plain
f:id:wacochan:20180512100654p:plain

 

NZD/USDについて 

自動売買設定

AUD/USDと同じように買い注文と売り注文に分けて設定します。

買い注文

f:id:wacochan:20180512095402p:plain
f:id:wacochan:20180512095416p:plain

 

売り注文 

f:id:wacochan:20180512095717p:plain
f:id:wacochan:20180512095725p:plain

AUD/NZDについて

AUD/NZDについては、他の2通貨ペアと異なり、自動売買ロジック「コアレンジャー」を利用しています。

まとめ

トライオートFX の自動売買実績と設定を紹介させていただきました。

今後も随時実績の報告をします。一度設定してしまえば後はほったらかしなので、サラリーマンでも楽々運用できます。これからも楽しみです。

 

【トライオートFXを始める】