20代の資産運用迷走日記

米国株・FX自動売買・投資信託・IPO・CFD・仮想通貨

【恐るべき配当金計画】株価指数CFDでFTSE100への積立投資を計画する!

f:id:wacochan:20180331002342j:plain

こんちは!

2018年1月よりくりっく株365のCFD取引でFTSE100に投資を始めました。くりっく株365のFTSE100への投資は、実際の配当利回りがとても高くなるため、個人的に大注目の投資方法です。

 

CFD取引(くりっく株365)とは、株価指数証拠金取引といって、株式でもレバレッジを効かせて投資できる取引方法なんです。(最大30倍のレバレッジ!!)

対象商品は日経225NYダウDAXFTSE100という4種類の株価指数のみです。

その中で唯一、FTSE100は配当利回りが高いんですよね。

ちなみにFTSE100というのは、英国の代表的な株価指数であり、英国で時価総額上位100社の株価から計算されます。

 

では実際の配当がどの程度なのか確認していきます。

f:id:wacochan:20180729081659p:plain

2017年は1枚約700,000円に対し、年間の配当は約29,000円です。レバレッジ1倍(投資資金700,000円)の場合の配当利回りは4.1%でした。

 

※2017年12月18日より、適用金利の変更(円貨から外貨)により金利が発生するようになりました。

これにより、実質の配当利回り=配当相当額ー金利相当額となりました。

2018年6月時点で配当相当額ー金利相当額=17,194円ー3,680円=13,514円となっています。

2018年下半期の配当相当額が2017年の下半期と同額(12,706円)とし、金利相当額が2018年の上半期と同額(3,680円)とすると、2018年の年間の実質配当は13,514円+12,706円ー3,680円=22,540円と予想されます。

現在1枚あたり約750,000円なので、レバレッジ1倍の場合の年間配当利回りは3.0%ですね。

ここで、レバレッジを効かせて投資した場合の必要資金と配当利回りを計算してみました。

レバレッジ 必要資金 配当利回り
1倍 750,000 3.0%
2倍 375,000 6.0%
2.5倍 300,000 7.5%
3倍 250,000 9.0%
3.5倍 214,000 10.5%
5倍 150,000 15.0%
10倍 75,000 30.0%

レバレッジ3.5倍の場合に配当利回りが10%の大台を超えてきます。 このように、レバレッジを効かせることで実際の配当利回りを高くすることができます。CFD取引とFTSE100の相性が良い点はここですよね。

レバレッジを効かせるも効かせないも自由ですが、僕はレバレッジという権利をうまく行使したいです。

 

ただ、レバレッジを効かせる場合、つねに強制ロスカットのリスクを考えましょう。

f:id:wacochan:20180729091513p:plain

FTSE100の月足チャートです。2015年のチャイナショックを例に考えます。

FTSE100は2015年4月に1枚あたり最高値714,100円だったのが、2015年6月に550,400円まで下落し、この間の最大下落幅は163,700円となりました。

基本的に、強制ロスカットされる場合は「投資資金<必要証拠金+評価損」です。

今回の場合は最大損失額163,700円に必要証拠金22,016円を足した額=185,716円より投資資金が少なければ強制ロスカットです。先ほどのレバレッジの表に当てはめると以下とおりです。

レバレッジ 投資資金 強制ロスカット
1倍 750,000
2倍 375,000
2.5倍 300,000
3倍 250,000
3.5倍 214,000
5倍 150,000
10倍 75,000

結果、レバレッジ5倍以上は強制ロスカットされてしまいました。このことから考えると、投資資金は1枚あたり少なくとも200,000円は投入することが望ましいです。

 

以上を踏まえて、僕のFTSE100への投資計画を考えます。 

FTSE100への積立計画

積立のマイルール

  • 月に20,000円、ボーナス月(6月、12月)は100,000円の積立
  • 200,000円積み立てるごとにFTSE100を1枚購入
  • 累計配当金が200,000円貯まるごとに1枚購入 

レバレッジについて

強制ロスカットのことを考慮し、1枚購入する毎に200,000円の資金を用意し、積立投資を行う予定です。200,000円の資金でFTSE100を1枚購入計画です。

現在1枚の価格は約750,000円なので、レバレッジは約3.75倍です。

 

配当利回りについて

FTSE100の年間実質配当は22,540円と予想されるため、投資資金200,000円の場合の配当利回りは11.2%です。

 

 

積立計画と配当金について

半年毎の計画と累計配当は下の表のとおりです。

配当金の計算について、1枚あたりの1年間の配当は22,540円で、半年分の配当は11,270円で行なっています。

  積立額 累計枚数 年間配当 累計配当
2018/1 420,000 2 45,080 0
2018/6 600,000 3 67,620 22,540
2018/12 800,000 4 90,160 78,890
2019/6 1,000,000 5 112,700 157,780
2019/12 1,200,000 6 135,240 259,210
2020/6 1,400,000 7 157,780 383,180
2020/12 1,600,000 8 180,320 529,690
2021/6 1,800,000 9 202,860 698,740
2021/12 2,000,000 10 225,400 890,330
2022/6 2,200,000 11 247,940 1,104,460
2022/12 2,400,000 12 270,480 1,341,130
2023/6 2,600,000 13 293,020 1,600,340
2023/12 2,800,000 14 315,560 1,882,090
2024/6 3,000,000 15 338,100 2,186,380
2024/12 3,200,000 16 360,640 2,513,210
2025/6 3,400,000 17 383,180 2,862,580
2025/12 3,600,000 18 405,720 3,223,220

 

上の表では累計配当金200,000円ごとに1枚追加購入のルールを加味していないので、加味した場合は下の表です。表の購入枚数と累計配当金に注目です!

・配当金再投資ver

  積立額 累計枚数 年間配当 累計配当
2018/1 420,000 2 45,080 0
2018/6 600,000 3 67,620 22,540
2018/12 800,000 4 90,160 78,890
2019/6 1,000,000 5 112,700 157,780
2019/12 1,200,000 7 157,780 259,210
2020/6 1,400,000 8 180,320 394,450
2020/12 1,600,000 10 225,400 563,500
2021/6 1,800,000 11 247,940 766,360
2021/12 2,000,000 14 315,560 1,003,030
2022/6 2,200,000 16 360,640 1,284,780
2022/12 2,400,000 18 405,720 1,622,880
2023/6 2,600,000 21 473,340 2,006,060
2023/12 2,800,000 24 540,960 2,445,590
2024/6 3,000,000 27 608,580 2,952,740
2024/12 3,200,000 32 721,280 3,527,510
2025/6 3,400,000 36 811,440 4,181,170
2025/12 3,600,000 41 924,140 4,879,910

 

配当金を再投資することで、2025年12月時点での累計配当金が4,800,000円を超える結果となりました!再投資することでかなり結果が変わってきますね。

長期投資では必ず配当金を再投資し、複利パワーを思う存分発揮してください!

 

これからFTSE100への投資が楽しみです! 

【マネックス証券でFTSE100に投資する】