20代の資産運用迷走日記

米国株、FX、投資信託、IPO、CFD、仮想通貨など色々と手を出します

PFF(iシェアーズ米国優先株式)から配当金!PFFは毎月分配の高配当ETFです。

f:id:wacochan:20180218105625j:plain

 

こんちは!

今日は毎月分配で人気の高配当ETFPFFiシェアーズ米国優先株式)から配当金をいただきましたので、PFFの紹介です。

基本情報

株価  $37.08
EPS $3.17
PER 11.71倍
PBR 0.93倍
一株配当 $2.43
配当利回 5.76%

 

そもそも優先株式って?

優先株とは種類株式の一種で、普通株に比べて配当金を優先的に受ける、あるいは会社が解散したときに残った財産を優先的に受け取れる等、投資家にとって権利内容が優先的になっている株式のことをいいます。ただしその代わり、会社の経営に参加する権利(議決権)については制限されるのが一般的です。

日本証券業協会より

 

要するに、普通の株に比べて配当金が多いが、議決権はない株のことです。

銀行などは自己資本比率の上限が定められているため、優先株を発行することで配当コストはかかるものの、議決を有利に進められるというメリットがあります。

 

配当目的の場合は購入候補になるんじゃないかなぁって思います。

実際PFF配当利回りは2/17現在で驚異の5.76%です。魅力的ですよね。

 

ただ、個人投資が購入できるのは、PFFと国内では伊藤園優先株式(25935)くらいですかね。

 

チャート

f:id:wacochan:20180218095253p:plain

リーマンショック時には大暴落しており、その後はずっと37ドル〜40ドルをウロウロしています。

株価としては残念極まりないですね。

 

構成銘柄

銘柄 業種
HSBC 金融
BLKFDS キャッシュ等
AGN ヘルスケア
BDX ヘルスケア
BACR 金融
ALLY 金融
C 金融
HSBC 金融
WFC 金融
DB 金融

構成銘柄のほとんどが金融株で構成されているため、相場の暴落時には暴落してしまう運命ですね。

 

債券の代わりにPFFを購入するかたもいると思いますが、債券とは異なり優先株式の特性で、暴落のリスクがあることを認識する必要がありますね。

 

 

PFFから2018年2月の配当金をいただきました。

f:id:wacochan:20180218094700p:plain

 1株あたり0.189ドルの配当金で、持ち株数は30株なので5.68ドルの配当金をいただきました。

NISA口座のため、10%の国外源泉徴収の税引後配当は5.11ドルで、日本円では553円の配当金となりました。

 

以上、 PFFの紹介と配当金の報告でした。