20代の資産運用迷走日記

米国株、FX、投資信託、IPO、CFD、仮想通貨など色々と手を出します

古いMacから新しいMacへのデータ移行方法を紹介する!

こんちは!

先日、新しいMacBook Proを購入した際に古いMacから新しいMacへのデータ移行を行いました。

 

Macのデータ移行は新しいMacを購入した時には必須です。

昔のPCなどは購入してからセットアップをするのが手間でしたよね。でも、今の時代は簡単に新しいMacに全てを引き継ぐことができますよ。

 

 

今回はその手順について紹介します。

方法として「Wi-Fi経由で移行する方法」と「外付けHDDを利用して移行する方法」があります。

 

どちらの方法でも簡単に引き継ぐことができますが、それぞれ特徴があります。

 

データ移行方法

外付けHDDを利用して移行する方法

今回、僕が新しいMacに移行した方法が外付けHDDを利用したものです。もともとバックアップ用に外付けHDDを持っているので、短時間で行えるこの方法を選びました。

メリット

外付けHDDにバックアップをとることができる。

移行時間がWi-Fi経由より短い。

デメリット

外付けHDDを購入しなければならないので費用がかかる。

 

ちなみに僕が持っている外付けHDDはこれ。容量は3TBでUSB3.0の高速通信可能で、その上安くて文句なしです。

 

やり方

f:id:wacochan:20171108201727p:plain

・古いMacTime Machineを起動し、「今すぐバックアップを作成」をクリックし、外付けHDDにバックアップを保存する。

f:id:wacochan:20171108201830p:plain

・新しいMacに外付けHDDを接続し、移行アシスタント画面を案内に沿って進めると「MacTime Machineバックアップ、起動ディスクから」が出るので選択。

その後は移行アシスタントに従って進めていくと移行完了します。

 

Wi-Fi経由で移行する方法

この方法は余計な費用もかかりませんが、とにかく時間がかかります。

メリット

・外付けHDDやUSBケーブルなどを用意する必要がない。

デメリット

・時間がかかる。

やり方

まず古いMacと新しいMacを自宅の同じWi-Fiネットワークに接続します。

古いMac、新しいMacの双方で「移行アシスタント」を開きます。

f:id:wacochan:20171107211422p:plain

f:id:wacochan:20171107211440p:plain

移行アシスタントは「Launchpad」→「その他」→「移行アシスタント」です。

 

f:id:wacochan:20171108201830p:plain

古いMacで移行アシスタントを開いたら、「別のMac」を選択します。

あとは、移行アシスタントに従い進めれば、移行が開始されます。

 

まとめ

古いMacから新しいMacへの移行方法を2種類紹介しました。そのほかにもMac同士を直接繋げて移行する方法などもあります。

自分に合った方法で行いましょ!新しいMacは最高です。