20代の資産運用迷走日記

米国株、FX、投資信託、IPO、CFD、仮想通貨など色々と手を出します

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えた僕が格安SIMのメリット・デメリットを紹介します。

f:id:wacochan:20171019220514j:plain

こんちは。

2015年の3月にドコモからOCNモバイルONEに乗り換え、念願の格安SIMデビューしました。今日は実際に格安SIMになってからメリット、デメリットとして感じたことを書き連ねます。

 

格安SIMに乗り換えた理由

そもそも格安SIMに乗り換えた理由は月額料金を安くしたいことはもちろんですが、ドコモの契約に不満があったからです。


特に嫌だったのが2年縛りです。最初の契約から2年間の間に解約した場合に違約金がかかるのは理解できるのですが、2年経過以降も更新月(2年間毎に1ヶ月のみ)以外に解約した際には違約金がかかってしまうのです。

 

この理不尽な2年契約をやめたかったのが理由のひとつです。

 

 

ここからは実際にドコモから格安SIMのOCNモバイルONEに乗り換えて感じたメリット・デメリットを。

 

乗り換えて良かった点 

f:id:wacochan:20171019220544j:plain

月額料金が安くなった

まずは料金が圧倒的に安くなったことです。当時のドコモの契約では月額7,000円程度かかっていましたが、OCNモバイルONEの1日110MBプランでは月額1,700円になりました。もちろん無料通話などはついていませんが、そもそも僕は電話あまりしないので。

 

ちなみに、両親と妹も一緒にドコモからOCNモバイルONE(一番安い1日110MBプラン)へ乗り換え、家族4人で月20,000円程度の節約になりました。

 

2年縛りから解放された。

OCNモバイルONEでは最低利用期間(6ヶ月間)を越えればいつ解約しても違約金はかかりません。

新月を気にしなくても良くなったので、気軽に他社に乗り換えることができます。

 

ドコモで使っていた機種がそのまま利用できた。

OCNモバイルONEに乗り換えたのはドコモの携帯ならそのまま利用できることも理由の一つです。

 

通常の携帯はSIMロックがかかっており、ドコモの携帯ならドコモでのみ、ソフトバンクの携帯ならソフトバンクでしか利用できないのですが、OCNモバイルONEはドコモの電波を借りているため、ドコモの携帯がそのまま利用できます。

 

他社へ乗り換える度に機種変更するのはしんどいですから、OCNモバイルONEに乗り換えました。

 

1日110MBプランが便利だった。

個人的に気に入ったのは1日110MBプランです。

 

メジャーなプランでは1月2GBなど月単位での通信量の計算が行われるため、月初にたくさん通信してしまった場合に、その月は速度制限がかかりっぱなしになります。

 

それに対し、1日110MBプランでは日単位なので、多く使った日でも翌日にはリセットされるため、いちいち通信量を気にしなくても大丈夫です。

 

乗り換えて悪かった点

f:id:wacochan:20171019220605j:plain

通信速度が遅くなった。

ドコモからOCNモバイルONEに乗り換えて明らかに通信速度は遅くなりました。この時はドコモすげぇって正直に思いました。

ただ、OCNモバイルONEでもネット閲覧などは全く問題なく利用できます。

メールアドレスがなくなった。

@docomoのメールアドレスがなくなりました。

でもLineなどのアプリや@gmailで連絡は取れるのでキャリアのメールアドレスがなくなっても困ることはありませんでした。

テザリングが使えない。

これは実際使おうとして初めて気づいたのですが、テザリング機能が使えなくなりました。

壊れた際の保証がない。

ドコモなどでは携帯が壊れた際には修理や場合によっては新品に交換してくれるなど手厚いサポートがありましたが、当時のOCNモバイルONEでは壊れた際の保証などは何もなかったです(今はオプションであります)。

そもそも店舗もないので、困った時のサポートは期待できないです。

さいごに一言

今日はドコモから格安SIMの OCNモバイルONEに乗り換えた理由とOCNモバイルONEのメリット、デメリットを書いてみました。

 

ドコモなどのキャリアは料金が高いことと引き換えに手厚いサービスを提供し、OCNモバイルONEなど格安SIMは料金が安いかわりにドコモに比べて劣っている部分もあり、それぞれ一長一短があるのかなって感じます。

 

でも僕自身はOCNモバイルONEに乗り換えて良かったと思っています。安いしね。